ドイツの今と昔を発見しよう!

© HHoG

HISTORY UP
Your Life!

  • 文化財
  • ライフスタイル
  • 世界遺産
  • 体験
  • 空気
  • 文化

リューベック (Lübeck)

バルト海の玄関、ハンザ都市の女王

Holstentor, Lübeck ©Museumsstiftung Lübeck1987年から公認。ドイツ北端の貿易と港の町リューベックは、旧市街の全域が保護されるべき貴重な創作品としてユネスコ世界遺産に認定されたことで、都市の個性が新たに広く知られるようになりました。街の景観を遠くから見渡すと、多くの人は中世時代に迷い込んだかのような錯覚に陥ってしまいます。そうです。リューベックの全景は15世紀からほとんど変わっていないのです。

堂々と空に聳える7つのゴシック教会の塔およびホルステン門は町のシンボル。散策の休憩は、リューベック名物マルツィパンの製造過程の見学もできるマルツィパン・サロンでのお茶はいかがでしょう。海岸に向かうなら、バルト海に面する港町リューベックの海水の香りを感じるトラヴェミュンデ(Travemünde)地区が一番です。中世の商業貿易のハンザ同盟が繁栄していた時代の中で、貿易ルートの重要な位置にあったリューベックはハンザ都市の偉大な歴史から恩恵を受けています。欧州ハンザ博物館(Europäisches Hansemuseum)では、ハンザ同盟および当時の世界貿易や力関係、そして人々の日常の困難な生活などを知ることができます。

Niederegger Café, Lübeck ©Niederegger歴史ある旧市街は島の上に造られたので、町の至るところに水があります。リューベックには、博物館としての港を含む歴史的な建造物や道路が1800ヶ所も登録されているので街は探検の宝庫ともいえます。特に他都市では見られない町の一角として、曲がりくねった90ヶ所ほどの狭い小道と人形の家のような住居、そして商人や船員の未亡人や子供たちを保護するために設けられた慈善施設(Stiftshöfe)が挙げられます。

また、作家トーマス・マンが自分の郷里の姿を描いた「ブッデンブロークの人々」に因んで名付けられたブッデンブロークハウス(Buddenbrookhaus)を訪れると、小説の情景に劣らないノスタルジーに浸れると思います。とにかくリューベックでは町全体を覆うレンガ造りの光景に圧倒されます。数々のフェスティバル、マーケット、伝統工芸品、ブティック、レストラン、カフェ、バーなど、若さあふれるダイナミックで創造的なシーンも、石とレンガに包まれた偉大な歴史の未来を示す現代のリューベックです。

地元の空気を味わうヒント:
名産の繊細な味のマルツィパンとリューベック・ロートシュポン(赤い木樽の意)をお試しください。ロートシュポン( Rotspon)という名前の由来は、17世紀からリューベックに樽で輸送され、瓶詰めまで熟成されていたフランスの赤ワインに因んでいます。マルツィパンとの意外な組み合わせは、グルメの人にも新たな発見になることでしょう。

17の古都