ドイツの今と昔を発見しよう!

© ats

HISTORY UP
Your Life!

  • 文化財
  • ライフスタイル
  • 世界遺産
  • 体験
  • 空気
  • 文化

アーヘン (Aachen)

カール大帝の宝庫

Aachen Cathedral ©aachen tourist service土地を知る最も良い方法は発展の軌跡を辿ることですが、ドイツ最西の趣のある古都アーヘンには5000年の遠い過去を偲べる多様なドラマが残っています。火打石が採掘される地域として新石器時代からすでに集落ができていたアーヘンですが、温泉が湧いていることを発見した古代ローマ人はここに定住を決定。アルプス以北で最も熱い温泉(摂氏73度)が湧くスパと健康のリゾートとしてアーヘンの伝統が確立されます。その後、神聖ローマ帝国初代皇帝カール大帝(シャルルマーニュ)はアーヘンに宮廷を置き、皇帝の居住地にふさわしい華麗な都市に創り上げました。戴冠式をアーヘンで行う伝統は16世紀まで続けられました。現代では、多くの美術館・博物館、世界馬術フェスティバルCHIOアーヘン、そして大学などの学術機関によって、アーヘンの豊かな文化史は引き継がれています。

「カール大帝のルート」を辿って発見の散策にでかけましょう。出発点は「シャルルマーニュ・センター」。斬新なコンセプトで展示された町の歴史を生き生きと感じられるアーヘンの新市立博物館です。また、町のハイライトは間違いなく、1978年にドイツ初のユネスコ世界文化遺産に認定されたアーヘン大聖堂。華麗な市庁舎と共にアーヘン旧市街の趣を醸し出している代表格です。

Aachen, Market Square ©aachen tourist serviceアーヘン大聖堂の一部を成し、カール大帝の統治時代の803年に建立された8角形の聖堂のユニークな設計は、訪れる人たちに感嘆を与えます。カール大帝の聖遺物箱、宝物殿、そして1531年まで30人の偉大なローマ王(ドイツ王)の戴冠式に使用された「カール王座」をはじめとする貴重なコレクションがあります。

モダンアートの愛好家が見逃せないのはアーヘン・ルートヴィッヒ国際美術フォーラムです。往年の工場だったバウハウス様式の特色ある建築物に展示された世界有数の現代美術コレクションとして、1960年代からの3000点以上の国際的な傑作が収められています。

アーヘンの町の散策は旧市街から始めましょう。クラシック風またはモダンで粋な雰囲気のカフェやレストランは石畳の坂道によく似合います。古都特有の道沿いに並ぶ奇抜な店舗も、現代のショッピングに不思議な調和を見せています。また、アーヘン演劇とアーヘン交響楽団が共同で運営しているアーヘン劇場(Theater Aachen)では、クラシックからモダンまで、質の高い多様な演劇、オペラ、コンサートなどが上演されています。

地元の空気を味わうヒント:
軽いスナックならば「アーヘナー・プリンテン(Aachener Printen)」。レープクーヘン(ジンジャーブレッド)の中でも、スパイスの効いたアーヘンのプリンテンは1820年からの伝統が守り続けられている名物菓子です。何でも試したい勇気と食欲をお持ちならば、血のソーセージ「エッハー・プッテス(Öcher Puttes)」にも挑戦してください。2百年の歴史を誇り、プリンテンと並ぶアーヘンの名産。2品ともEU法の規定による地理的表示保護の商品として認定されています。

17の古都