ドイツの今と昔を発見しよう!

Wiesbaden: the Lutheran "Marktkirche" (Market Church) was built as a Gothic revival basilica with three naves. © Bjoern Rudek

HISTORY UP
Your Life!

  • 文化財
  • ライフスタイル
  • 世界遺産
  • 体験
  • 空気
  • 文化

宗教

荘厳な建築物と教会の勢力

ドイツにおいて宗教が辿ってきた歴史を活き活きと感じることができるのが、ドイツ古都連盟の都市です。過去2千年のヨーロッパ中における宗教の発展で、ドイツも大きな役割を果たして来ました。
紀元4世紀のトリアの人口は6~8万人。ローマ帝国に属する6人の領主に支配される時代を送ったトリアは、コンスタンティヌス皇帝の時代(西暦306~316年)には、アルプス以北で最大のキリスト教都市に発展します。
ローマ教皇の代理人としての大司教、および中世におけるドイツ国王の選帝侯としてのマインツは、あらゆる面で莫大な影響力を持っていました。「黄金のマインツ」と自己形容していた自信にも、権力のほどがうかがえますが、今でもライン河畔のマインツの呼称として残っています。ユダヤ人の伝統である "Magenza"(ヨーロッパにおけるユダヤ民族の学術と文化の意) も中世時代から20世紀まで続いていました。学者の町としての名声を築いたのは、神への祈りと学問です。

数多くの教会と大聖堂によって、アウクスブルクは司教の管轄する地区として認められています。1518年、マーティン・ルターとカエタン枢機卿が有名な討論を行った場所です。このように、宗教と権力の中心地という2役を果たすことにより、他都市では見られない個性がアウクスブルクに創られていきます。エアフルトにあるゴシック様式のアウグスティノ修道院の歴史は、1277年まで遡ります。
院内では、修道士として1505年から1511年まで住んでいたマーティン・ルターの業績が常設展示されています。
カール大帝の命により送られてきたフリースラント(オランダ)のリユートガー修道士が建てたミュンスターの修道院は、現在では彼の名前が付けられています。宗教改革が激烈な形で始まった時期、再洗礼派の教徒が反乱を起こしたのがミュンスターです。1628年、最後のプロテスタントがミュンスターから追放されることになります。 

合法的な宗教としてのキリスト教

キリスト教を広める宣教師

発展を遂げるキリスト教

宗教改革で芽生え始めた人道主義

宗教改革のはじまり

宗教改革を拒否した多くの都市

宗教の領土主義

ユダヤ人迫害とホロコースト

17の古都

「ドイツ古都連盟」旅行企画ガイド