ドイツの今と昔を発見しよう!

ヴュルツブルク (Würzburg): 華麗なバロック様式と洗練されたワイン © Bjoern Rudek

HISTORY UP
Your Life!

  • 文化財
  • ライフスタイル
  • 世界遺産
  • 体験
  • 空気
  • 文化

文学

詩人、作家、そして哲学者の足跡を辿って・・・

ヨハネス・グーテンベルクがマインツで印刷機を発明したのは1450年のことです。グーテンベルク博物館に展示されている貴重な文化財には、その時代の印刷の作業場、原稿やグラフィックの作成などの復元が含まれています。ドイツ文学の最盛期はルネッサンスの時代ですが、世界文学の仲間入りを果たした作家の多くはその後の時代に現れ、ドイツの作家は8つのノーベル文学賞を受賞しています。

大学都市ハイデルベルクは、ゲーテ、アイヘンドルフ、ヘルダーリン、ブレンターノ、ケラー、マーク・トウェインなどをはじめとする多くの偉大な文学者、作家、詩人たちが心を惹かれた町です。そのハイデルベルクでは、詩人や思想家が生活、活動を行なっていた場所を辿る特別なツアーをご用意しています。また特別に、ゲーテに捧ぐツアーとして「ファウスト」の足跡を辿る文学ツアーもあります。

エアフルトにも、遠い旅を続けたゲーテの作品の足跡が残っています。ここでのプログラム名は「テューリンゲンのローマのゲーテの足跡」です。フランクフルトの裕福な家に生まれたゲーテは、1814年に6800人の温泉客のひとりとしてヴィースバーデンのスパを訪れて以来、様々な形で執筆活動の新しい発想を得たようです。当時、ヴィースバーデンの人口はわずか4200人でした。ゲーテの彫像はヴィースバーデン博物館の前にあります。

ヴィースバーデンの最も大きな魅力はスパでしたが、別の側面からヴィースバーデンの名を広めた有名人にドストエフスキーがいます。急性のギャンブル病に罹っていたロシアの文豪は1865年、ヴィースバーデンのカジノで旅費全てを失ってしまいます。カジノでのルーレット体験にもとづいて書かれた小説が「賭博者」です。


エリッヒ・マリア・レマルクは、20世紀に最も有名且つ広く読まれたドイツ文学界の作家のひとりです。オズナブリュックに生まれたレマルクは、1929年に初版が出された小説「西部戦線異状なし」によって世界中で一躍有名になり、今日に至るまで高く認められています。

20世紀の文学界に刻印を残したもうひとりの作家はベルトルト・ブレヒトです。アウクスブルクは、ブレヒトの生家を「ベルトルト・ブレヒト・ハウス」記念館として敬意を表しています。ブレヒトに因んだツアーは、「アウクスブルクのベルトルト・ブレヒトの道」です。

文学

詳しくはこちら

エーリッヒ・マリア・レマルク平和センター

17の古都

「ドイツ古都連盟」旅行企画ガイド