ドイツの今と昔を発見しよう!

© lightshades.de

HISTORY UP
Your Life!

  • 文化財
  • ライフスタイル
  • 世界遺産
  • 体験
  • 空気
  • 文化

ドイツの頂点に立つシェフたち

ドイツの頂点に立つシェフたち ©la vie, Osnabrueck
   アンドレ・スクーピン(André Skupin)は、ミュンスター市の高級レストラン「Gourmet 1895」で、卓越した感覚を以って味覚と味わいを融合させています。

  ミシュランの星付きレストランのスターシェフ2人です。ヴォルフガング・ベッカーは、トリア市の「ベッカーのレストラン(Becker’s Restaurant)」で正統且つ明確な料理にこだわり続けています。そして、マインツ市の「ブッフホルツ・レストラン(Buchholz restaurant)」のトップ料理長、フランク・ブッフホルツの料理学校も見逃せません。地元で採れる新鮮な食材による季節料理が特徴です。

マリア・グロースによるエアフルト市の「Clara - Restaurant im Kaisersaal」では、完璧に調和した創作料理を体験できます。ワイン畑にすっぽりと入った理想的な環境に恵まれた、ヴュルツブルク市のクラシックなレストラン「Reisers am Stein」で新しい風をそよがせているのはキャロライン・バウム。力強さと創造性を併せ持つ料理を創作する才女です。

レストラン「ディー・エンテ(鴨)」は、ヴィースバーデンの5星ホテル「ナサウアーホーフ(Nassauer Hof)」内にあります。1979年、初めて憧れのミシュランの星を獲得して以来、確保し続けています。レストランの若い料理長、ミヒャエル・カマーマイヤー(Michael Kammermeier)は、ヨーロッパの正統クラシック料理法に沿った優美さを、彼の大きな個性と感性で創作しています。

マリオ・ザウアー(Mario Sauer)は、ハイデルベルク市の「レストラン・ル・グルメ(Restaurant Le Gourmet)」で、繊細且つ創作的な料理のためには最高級の食材を惜しみません。また、有名なハイデルベルク城では、マーティン・シャーフ(Martin Scharff)とディルク・ザイガー(Dirk Seiger)の両シェフが経営するレストラン「シャーフス・シュロスヴァインシュトゥーベ(Scharff’s Schlossweinstube)」が、城と庭園を見渡せる、素晴らしいテラスを備えた歴史的なダイニングルームと繊細な料理を誇り高く提供しています。

ヴュルツブルクでは、ベネディクト・ファウストが、「Kuno 1408 restaurant」で独自の「Wild home」と「Young Franconia」のメニューを創作しています。レストラン名「Kuno 1408」は、1408年に創業したホテル「Rebstock」の所有者のひとりの名前に因んでいます。

17の古都

「ドイツ古都連盟」旅行企画ガイド